<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 甘ったれ度が増しました。 | main | Amazon Prime now にビックリ。 >>
お家生活、始めました。
じじちゃんの一周忌も一週間後に迫ろうかという10月8日。

いつものようにお庭暮らしの三毛ちゃんやチャリちゃん達の朝のお世話をし、
いつものようにママが庭でなんやかんややっていたら、
三毛ちゃんが一階を探検しにお家に入りました。

しばし待っても出てこない三毛ちゃん。

ママはボーッと玄関に座って三毛ちゃんを待っていたのですが、
その時、何を血迷ったのか、
「もうすぐじじちゃんがいなくなって一年だしなぁ。
最近、三毛ちゃんはチャリちゃんを追いかけるもうになったしなぁ。
このまま三毛ちゃんをお家にいれてしまおうかなぁ。」と。

「いやいや、アンちゃんが無理でしょう。」

「そもそも三毛ちゃんがお家暮らしが出来るかどうかわかんないし〜。」

「でもさ、先の事はその時考えればいいんだし…。
三毛ちゃんが庭からいなくなれば、
少なくてもチャリちゃんとシロちゃんは安心して毎日すごせるかぁ。」

「ま、なんとかなるんじゃない…。」

と、最終的にママには珍しく変に楽観的になって、三毛ちゃんが一階の部屋から出てこれないよう
一階の部屋に繋がるドアをバタンと閉めてしまいました。

それが、三毛ちゃんのお家暮らしの始まり…。



お家に入って一時間後。

12-DSC_0906.JPG

6畳と8畳の和室、10畳のキッチンと4畳半の和室。
ここがこれから三毛ちゃんの棲み処となります。

でも、ママもとーさんも二階で暮らしているのに、三毛ちゃんはどうするんだ???

心配性のママには珍しく「何とかなるさ〜」的な考えで始めちゃったけど、
本当に大丈夫かぁ???

10月14日。
じじちゃんの一周忌です。

12-DSC_0940.JPG

三毛ちゃんのトイレシートに薄っすら血のようなものが2滴あったので、
掛かりつけの獣医さんにシートを持って行って見てもらいました。
三毛ちゃんは触れるけど、抱っこは出来ないからね。

おそらくストレスからのものだろうと…。

三毛ちゃんは缶詰を食べないので薬は難しいと獣医さんに話したところ、
それならば、量の少ない錠剤にするから、それを潰して
チーズでもなんでもいいから混ぜてみてと。
試しに、パウチのシーバのスープに混ぜてみたら、
なんと三毛ちゃんはガツガツベロベロと舐めてくれましたよ。
これからは、シーバスープもストックしとかねば…。

獣医さんには、何よりも三毛ちゃんよりもアンちゃんを守るように助言を受けました
一ヵ月は手洗いだけでなく洋服も着替えるように。
少なくて二ヵ月は隔離して、二ヵ月が過ぎたら検査に来るようにと。
でも、その時にまだ抱っこが出来なければ、
人間不信になってしまうので無理に連れてくることはない。
ゆっくりいきましょう〜と。

ってなわけで、この頃のママもとーさんも、
三毛ちゃん部屋に入ったら、まずスリッパを履き長いエプロンと腕カバーをして
それからようやくふれあいタイム〜。

12-DSC_0943.JPG

三毛ちゃんは、お外時代からなでなでは出来たので、お家に入ってからも触ることはできます。
でも、ご飯場でモンプチのカリカリ小袋をガサガサとさせないと近づいて来ないんだけどね。

10月15日。

12-DSC_0954.JPG

納戸とキッチンだけしか入らなかった三毛ちゃんが、ようやく和室に出て来るようになりました。

12-DSC_0960.JPG

一週間前まで自分のものにしようとしていた庭を、どんな気持ちで見ているのかな…。

台所の出窓を空気の入れ替えで開けると、外の空気が入ります。
時々、窓の外すぐそばにシロちゃんがいることもあって、
そんな時は、お向かいのアパートの人も気づくくらいの大きな声で鳴いていました。

気づけば障子に傷が。

12-DSC_0965.JPG

10月18日。

お家に入って10日になりました。

12-DSC_0976.JPG

上の写真の三毛ちゃんの先に勝手口があるのですが、
そこから入るすきま風にお外の気配を感じるのか、
すき間風封じに置いた段ボールをガシガシし、勝手口の床にチッコをしてばかり…。

一階の中でそこが一番寒いところなのに、
結局、今ではそこが三毛ちゃんのトイレ置き場になりました。

10月19日。

12-DSC_0977.JPG

ありゃりゃー!
障子に傷どころか、派手な穴が開けられた〜〜〜。


10月20日。

古くからの猫ともの猫ベテランのさびあねっちに相談したところ、
どうせまた破られるから、しばらくは布でも貼って落ち着くまでしのいだらいいと。

奥の部屋。

12-DSC_0978.JPG

手前の部屋。

12-DSC_0980.JPG

ちなみに奥が8畳で手前が6畳。
二つの部屋を仕切るふすまは取っ払ってあります。


翌21日の朝…。

ぎょえええええ〜〜〜〜!!!!

二つの部屋はこうなってたぁ!

12-DSC_0982.JPG

12-DSC_0981.JPG

綺麗に一段目だけやってくれたねぇ。
どーするんだ、これぇぇぇ???

だけど、この後は、こんなものじゃ済まないのですよ…。


22日。

12-DSC_0999.JPG

障子は破るは、チッコは失敗するは…だけど、ご飯の時は甘えますよ。

12-DSC_1002.JPG

お返事もするしね。

12-DSC_1004.JPG

腕を出せば

12-DSC_1006.JPG

添い寝風にもやってくれます。


10月22日。

お家生活も二週間です。

12-DSC_1025.JPG

はなちゃんが大好きだったチュー太郎をはなちゃんに譲ってもらいました。

チュー太郎に食いついてはくれたけど、未だにクローゼットの中の段ボールベッドで寝ています。
微妙にチッコくさいのにね…。

12-DSC_1026.JPG

ミケコさん、お家生活はどうですか???
にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
| アンチョビレ | 三毛ちゃん | 20:25 | comments(2) | - |
コメント
クニ * 2017/01/13 12:21 AM ◆
三毛ちゃんお目々がパッチリで美人さんだ〜
まるで人の様なお顔をしています

アンチョビレさん、心の準備も無く三毛ちゃんをお家猫にされましたね
三毛ちゃんが一人でアンチョビレさんのお家に入っていったこと、そして
外に出たいと大鳴きしなかったのは三毛ちゃんはアンチョビレさんちの子に
成りたかったんじゃないかな〜

アンチョビレさんも私も女の子しか飼った事が無いですよね
私は男の子は人懐こくて可愛いと言われていても家に入れるのは勇気が要ります

はなちゃんみたいに人懐こい三毛猫さんは始めてみましたね
三毛さんは神経質でシャイで気難しい猫が多いので三毛ちゃんも馴れるのには
少し時間が掛るかもしれませんね
おしっこも襖のびりびりも三毛ちゃん暇だから仕方ないですね
最近は触れる三毛ちゃんですから突然スリスリ、ゴロゴロ猫になるのは間違いないですよ♪
どうミケちゃんが変化するか楽しみです
◆ アンチョビレ * 2017/01/14 9:33 PM ◆
♪ クニさん
三毛ちゃんは、出窓を開けるとでっかい声で鳴いていましたよ〜。
最近は寒いので窓を開けていないので、今は鳴くかどうかわかりませんが。
元々よく鳴く三毛ちゃんだったのですが、あの声をモロに聞いていたら、
おそらく家猫にするのを挫折していたかもしれません。
幸いなことに、我が家は一階が丸々空いていて、
二階とはドアで完全に閉鎖できるので耐えられたんだと思います。

チャリちゃんが消える数日前、実はシロちゃんが前足をつけないくらい
ビッコを引いて歩いていました。
その時、チャリちゃんとシロちゃんをお家に入れようかとも思ったのですが、
二匹はとても無理と断念し、三毛ちゃんが入ったので三毛ちゃんがお家猫になりました。

チャリちゃんがいなくなって数日はシロちゃんがたまに来ていたのですが、
シロちゃんは私に甘えつきながら玄関に少し入り、
油断した隙に下駄箱の下のすき間に、知らない間にマーキングのチッコをかけたようで、
その匂いたるや、すごいのなんのって…。
その時に、お外にいる男の子を家に入れるのは難しいなぁと実感しました。
そのこともあって、チャリちゃん親子はも元々のお家で家に入れられ、
でもシロちゃんだけは、時々お外に出している…と思うようになりました。
今のシロちゃんは、本当はシロニ君で、
シロニ君の前に来ていたシロイチ君も、一昨年の秋にいきなりパッタリと来なくなっています。
それ以前も何カ月も来なかったりしてたし、かといって痩せてもなくて。
元々のお家の人はなぜかハッキリ猫のことを言わないので、本当のところはわかりません。

お正月に障子は貼り替えました。
とりあえず今のところ、障子は無事です。
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。