<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 一階での二匹。 | main | お庭でおやつ。 >>
祝・アンちゃんガン疑惑払拭。
今日はアンちゃんの再検査の日。

22-2013.11.22  (20).JPG

朝のアンちゃんはいつもイマイチ元気がなくて、
今日も病院に連れて行っていいものか、ちょっぴり悩みました。

22-2013.11.22  (12).JPG

自由人はなちゃんは、そんな気分を分かっているのか、分かっていないのか…。

でも、はなちゃんだけでも元気なのがせめてもの救い。

22-2013.11.22  (22).JPG

はなちゃんが部屋に戻ったら、アンちゃんったら急にヘソ天になったので、
やっぱり眠いだけだったのか〜と、ソフトキャリーに入れて
ママがヨイショヨイショと担いで、徒歩で病院に行きました。

アンちゃんにとっては、ママと密着して病院に行けるので、
ソフトバックで徒歩で向かうのが一番落ち着くようです。

さてさて、肝心の検査結果ですが…

アンちゃん、とりあえずガンではないだろうということです。

「とりあえず」と付いたのは、超音波での検査がキチンと出来なかったから。

今日の目的は、前回膀胱の中にあった影が形を変えているかどうか、超音波で確認することでした。

形が変わっていれば血餅、形が変わっていなければ腫瘍…ということになります。

アンちゃんを仰向けに寝かせ、看護婦さんが前手ママが後ろ足を持って、
獣医さんがアンちゃんのお腹にゼリーを塗って、画面を見ながらお腹の中の様子を探ります。

「どうなのかな…」のドキドキのママの前で、いきなり獣医さんが「ん?」。
「えええー!!!何?何?」
ママの心臓は破裂しそうでしたよ。

診察室の明かりを付け、アンちゃんが寝かされいるベッドの上のタオルのアンちゃんのお股の見たら
そこには、黄色いシミがぐっしょり…。
「ああー、出ちゃったのか〜(笑)」、獣医さんの声。

そうなんですよ、アンちゃん、恐怖のあまり、またチッコをチビってしまったの…(;´д`)

獣医さんは、膀胱の位置が画面に映ったと思ったら、急に膀胱がシュ〜ンて萎んだから不思議に思ったそうです。

でも、画像には残せなかったけれど、
獣医さんはアンちゃんの膀胱の中にあった影がなくなっていることは確認したそうです。

影がなくなっているってことは、形が変わっている。
ってことは、ガンではない。

やったー!

怪我の功名というか、
チビッたおかげで新鮮なチッコが採れたので、タオルを絞って、チッコを検査してくれました。
ガンならば、ガン細胞も検出されたりもするらしいです。

チッコの結果は、尿淡白が±でその他は全て−とのこと。
尿淡白は+3の猫さんとかもいるとのことで、気にしなくていいとのことです。
血尿も石もないとのことでした。

でも、膀胱炎は繰り返すので注意するように言われました。

消炎剤をラキサトーンに混ぜて飲ませているせいか、ウンPにとても軟らかい部分があることを言ったら、
それならば、消炎剤はもう飲まなくてもいいとのこと。
但し、また薬を使うことがあるかもしれないので、捨てずに取っておくようにとのこと。
月曜に打った抗生物質は二週間効いているとのこと。

念のため、二週間後にもう一度超音波で確認をすることになりました。

今度はアンちゃん、チビるなよ〜。

というわけで、アンちゃんのガン疑惑が晴れました。

ご心配くださった皆さん、本当にありがとうございました。

思ったんだけど…、
ひょっとしたら、チッコを最初から調べたら、ガンかどうか分かったってこと???
違うのかな〜。
どなたか知っている方がいたら、教えてください。

さてさて、病院から戻ったアンちゃんですが、
戻ったら、いきなりカリカリを食べていました。

「アンちゃん、さっきチビったくせになんだよぉー。」

22-2013.11.22  (27).JPG

アンちゃんがコタツに行くと、はなちゃんもやって来ました。

22-2013.11.22  (28).JPG

はなちゃんも心配していたのかな〜。

でも、そんなはなちゃんの気遣いなんぞアンちゃんには関係なく、
どんくらいアンちゃんが不機嫌かと言えば、この顔を見たら分かるのでは?

22-2013.11.22  (31).JPG

ママととーさん以外には全くダメな自由人はなちゃんと、
お家から一歩出たら全くダメなビビリンチョアンちゃんと

22-2013.11.22  (33).JPG

これからも穏やかな毎日を過ごすのが、やっぱり一番の幸せですね。

他愛のない景色の動画です。
ママの気色悪い声に注意してくださいね。
 
にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
| アンチョビレ | アンちゃん、病気 | 22:33 | comments(12) | - |
コメント
マロンの召使い * 2013/11/22 10:47 PM ◆
うんうん(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
とにもかくにもホッと一安心♪

やはり急に寒くなったからだったのかしら?

うちも猫さまのチッコに気を付けるとともに
人間は寒く感じなくてもストーブを点けるようにします。
ゆかり * 2013/11/23 12:44 AM ◆
よかったぁ〜!
ちびろうが、良いのである!

なにより、アンちゃんが元気になったからね。

メルが闘病していて、ほんとうに飼い猫さん達が、元気にご機嫌さんでいてくれることが
一番の幸せだなぁ〜と思います。

あぁ〜安心したら、お腹がすきましたよ。

寒くなっているので、今度はアンチョビレさんが寝込まないようにね!
◆ ramuかか * 2013/11/23 8:29 AM ◆
あーー、良かった。

本当に良かったですねー。
ホッとしたら
アンちゃんのいつもの強面顔が更に何百倍もかわいーくいとおしーく見えますよ。♪
(いつも可愛いけどね(o^^o)
◆ 福桃 * 2013/11/23 10:11 AM ◆
平和、平凡な一日が最高なんだね。
さもない一日、味わって過ごしたいと思ったよ。

アンちゃん、良かったね。
◆ romi * 2013/11/23 6:13 PM ◆
アンちゃん、本当によかったね!!!
ちっこだけじゃガンかどうか分からないそうだよ。
エコーじゃないと分からないみたい・・・でもそのエコーでも
はっきり完璧には分かりづらいんだって。

チョビーはお薬続行中だけど、今朝嘔吐して、しばらくは元気だったんだけど、
旦那がウィーキング(まだ2日目だからびっくりしたのか?)から帰ってくると、
旦那を避けるように、いつもお昼寝しないベッドで寝てたっていうので、
どこか具合が悪いか心配なんだぁ・・・・・・
先生に電話したら、頻尿もないし食欲もまぁあるようなので、
今晩一晩様子見ってことになったの。

あ〜〜〜ん、
心配だよぉ〜〜〜(ノД`)

でもでも、アンちゃん、本当によかったね♪
union-jack * 2013/11/23 7:48 PM ◆
17日のブログを最初に読んだ時は、iPhone持つ手が小刻みに震えるくらいビビりました。
写真で毛づくろいしていたし、毛艶もキレイでしたから、そんなに体調は悪くないかも、と思ったのですが、本当に良かった&#8226;&#8226;&#8226;! ホッとして、涙が出ました(笑)
影は一体何だったんでしょうね。これから冬、もっと寒くなります。アンちゃん、冷えないように暖かくして、ぶり返さないようにね。
アンチョビレさんも、お疲れになったと思います。アンちゃんと一緒に、ゆっくり休んで下さい。
とにかく、私も一安心です(-_^)
KOTA * 2013/11/23 9:34 PM ◆
あんちゃんガン疑惑?
しばらくご無沙汰だったのでビックリしました。
でも疑惑は晴れたようで本当に良かったです。
アンちゃん良かったね。
アンちゃん、ハナちゃんのヘソ天最高ですね。
◆ あや * 2013/11/24 5:14 PM ◆
疑惑払拭本当〜〜に良かったです。
実はこの夏に見送ったうちの一匹の腫瘍疑惑が解ったのが
去年のまさに11月17日で、17日のブログを読んだ時は本当に
息が止まる程に驚いてしまいました。
でも、立派なへそ天姿を見て、きっと大丈夫!と妙に自信たっぷりに思いつつも、
金曜日のブログの更新まではドキドキしていました。
ホッとしました〜。
ご飯を食べて昼寝して遊んで。
当たり前の日常が本当に幸せですよね(^^)
寒くなるとお水を飲む量がへるからか、膀胱炎のコが増えるようです。
アンちゃんお大事にね(^_^)
◆ アンチョビレ * 2013/11/24 11:04 PM ◆
♪ マロンの召使さん
寒いのと水分不足が悪いらしいですよ。
気をつけてね。

♪ ゆかりさん
ありがとう。
どっと暗くなっていた我が家の雰囲気が、一気に明るくなりましたよ。
でも再検査までの一週間の間で、どんなことがあってもアンちゃんの面倒は私が看る!って
確固とした覚悟が出来ました。
これからは、もっともっと過保護になってしまうけれど
二度とこういうことが起こらないよう、他人様から見たらバカか?と思うくらい
気をつけていきたいと思います。

♪ ramuかかさん
いつもいつも温かいコメントをありがとう。
これからも、いろいろ教えてくださいね〜。
あ!
ちゃ〜り〜ちゃんのことで問い合わせた団体さんからは音沙汰なしです。
街頭募金でもそれなりの金額を入れ、ちゃ〜り〜ちゃんをお願いした折にはかかる費用は全て支払うつもりだったし、
問い合わせのメールでも失礼のないよう書いたつもりだったので、ちょっとガッカリしています。
県内の団体なので、今後も長い目で関わって行きたかったのに、残念です。
当のちゃ〜り〜ちゃんは、問い合わせをした日から、一日に一回しか姿を見せなくなりました。
虫の知らせを感じたんでしょうね。

♪ 福桃っち
な〜んにもないことが幸せなんだね〜。
今日が昨日のおんなじで、明日も今日と同じってことは大切だって、つくづく思ったわ。

♪ romiさん
そっか、チッコだけでは分からないんだ〜。
超音波でも分からないし、チッコでも分からないとなると、一体どうしたらいいんだぁぁぁー。
でも、手術を希望しないのなら、ガンでも消炎剤が抗がん剤と同じ作用があるので
それを飲み続けるって言われたよ。
抗がん剤よりも副作用がなくて、よく効くって言われた。
手術はリスクが大きいって言われたので、ウチは手術はしないって決めてた。
ビビリンチョのアンちゃんが病院に一人っきりで置いて来られたら、
それだけで耐えられそうにないからね。
ウチは、消炎剤をラキサトーンに混ぜて舐めさせてたんだけれど、
ウンチにやたら軟らかい部分が出るようになって、
それならばお薬はもう飲まなくていいということになったの。
猫さんがちょっとでもいつもと違う行動をすると、心配で胸が破裂しそうになるよね。
チョビーも早くよくなるといいね。
きっとよくなるから、romiさんも負けないでね。

♪ union−jackさん
ご心配おかけしました。
超音波に写った影は血餅だろうとのことです。
かさぶたまではいかない、読んで字のごとくお餅のようにベターッとした血の固まりだそうです。
影が消えたって、その血の固まりはチッコにも出ていないのでどこに行ったのか、獣医さんに来たら、
血餅は吸収されるんだそうです。
これまでも冷えないように気をつけていたつもりですが、
これからは、もっともっと温かくしてあげようと思います。
アンちゃんの疑惑が晴れ、その途端に私も元気が出ました。
ご心配かけて申し訳ありませんでした。

♪ KOTAさん
これまで一度も病気に掛かったことがなかったのですが、今回の件では、ある意味覚悟を決めました。
やっぱり猫が元気が一番です。
くるみちゃんはどうですか?
くるみちゃんも本調子になるといいですね。

♪ あやさん
ご心配をおかけしました。
11月17日は、そういう日だったんですね。
猫さんはみんなどこかで繋がっているでしょうかねぇ。
猫ともさんのアドバイスを受け、水飲み場を増設しました。
アンちゃんもはなちゃんも、そこを好んで使っているようです。
これは私のせいだったのかもしれませんね。
今後こういうことがないよう猛省しております。
とりとめのない毎日が、やっぱり一番ですね。
これからも、よろしくお願いしますね〜。
クニ * 2013/11/25 10:30 PM ◆
アンチョビレさん、遅くなりました!

アンちゃん、本当に心配しましたよ〜
私は絶対アンちゃんは違う!!!と信じていました!
膀胱炎は辛いけれど治ると結構ケロッとするもんなんですよね

血餅と言う言葉初めて知りました勉強になりました

我が家は最近ペットショップで売ってる電気で動く
ピュアクリスタルと言うのが人気でして
最初、猫達が使ってくれないのではと心配してましたが
すぐ慣れまして、今までよりトイレの掃除が忙しくなりました
でも、これもニャン達の為と掃除に励んでいます(笑)

良かった良かった♪
ミヤママ * 2013/11/26 10:17 PM ◆
良かったですね〜!!一安心です〜。
これからも元気なアンちゃんネタ楽しみにしてますね。
アンチョビレさんの様に猫ちゃんのSOS、見逃さない様
改めて心がけていきたいと思います!
いつまでもいつまでも元気でいて欲しいですからね〜。
◆ アンチョビレ * 2013/11/26 11:18 PM ◆
♪ クニさん
ご心配をおかけしました。
そして、いつも優しい言葉、ありがとうございます。
これからも猫先輩として、いろいろ教えてくださいね。
猫ともさんにも、お水をたくさん飲んでくれる工夫をした方が言われたので、
今、いろいろと考えているところです。
ピュアクリスタル、調べてみます!
ありがとうございました。

♪ ミヤママさん
猫のSOS、私、気づけているかなぁ。
今回の件も、アンちゃんが膀胱炎なってから気づいたんで、
これじゃダメだな〜って思いましたよ。
猫元気が一番ですよね。
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。