<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< アンちゃん、膀胱ガンかも…。 | main | そろそろ寝ましょうかね。 >>
アンちゃん、とりあえず復活。
15日の金曜の夕方に膀胱炎の症状で、大騒ぎをしたアンちゃん。
土曜日の夕方に抗生剤を飲まなければならなかったのに、
ちゃんと飲んでくれず、日曜の午前中に一日のみ有効な抗生物質を注射してもらいました。
トイレ通いの回数も収まってきたかと思っていたら、
日曜の夕方、またもトイレ通いが鎮まりそうになくなってきたので、
午前中病院に行ったにも関わらずもう一度病院に行き、電解質の水分150mlを点滴してもらいました。
これで膀胱の中のばい菌を少しでも流し出そうということだそうです。

日曜の夜のアンちゃん。

20-2013.11.18  (3).JPG

どことなくダルそうなのは、トイレ通いとトイレでりきむ疲れだそうな。

病院にも何回も行ったしね。

20-2013.11.18  (11).JPG

いつも以上に甘えるし

20-2013.11.18  (6).JPG

食べるし、少しは遊ぶしで、少々安心はしているのですが

20-2013.11.18  (14).JPG

やっぱりいつもと感じが違います。

20-2013.11.18  (19).JPG

あまりママが神経質になってもいいことはない…っていうのは分かっているんだけどね。

夜も1時を過ぎているっていうのに、なかなか寝ようとしません。

20-2013.11.18  (26).JPG

コタツの中のベッドに入るそうです。

いつもなら、ママのベッドの脇のアンちゃんのベッドに強制収用して寝るのですが、
金曜の夜からは、アンちゃんの寝たいところで寝かせてあげています。

20-2013.11.18  (27).JPG

寝る!の合図のベロンベロンが始まったので、
この日もエアコンとホットカーペットを点けて、
はなちゃん部屋の仕切りは、はなちゃんが出てこないよう閉じて寝ました。

朝方、ガオーガオーを一階で鳴く声が…。

アンちゃん何を騒いでいるんだ?
決して具合が悪くて鳴いてる声じゃないよなぁ。

駄々をこねたり、ストレス解消の時に鳴く鳴き方だよなぁ。

元気復活か???

朝のアンちゃん。

20-2013.11.18  (34).JPG

ただでもブクブクに見える身体が、点滴のおかげでますますブクブクに…。

20-2013.11.18  (37).JPG

でも、これは獣医さんに説明されているので心配することではありません。

20-2013.11.18  (42).JPG

ブクブクかと思えば、ビヨーンと伸びるとこんな風なので、アンちゃんの身体って、不思議だなぁ。

日曜午前に打った抗生物質の注射にアレルギー反応が出なければ、
月曜に2週間有効の注射を打つことにしているので、病院に行かなくっちゃいけないんだけど、
アンちゃんの具合が悪いのかどうか、イマイチ分かりません。

20-2013.11.18  (43).JPG

この顔を見ると具合が悪いのかと思うけれど、オバケ〜の手を見るとそうでもなさそう…。

20-2013.11.18  (44).JPG

んんん???

20-2013.11.18  (46).JPG

単に眠いだけか???

20-2013.11.18  (50).JPG

「ごちゃごちゃ、うるさいわよっ!」

20-2013.11.18  (51).JPG

「うひひ〜、お腹のシクシクがなくなってきたから、トイレ通いもしてないもーん。」

20-2013.11.18  (60).JPG

もうこうなったら、病院に注射に行けそうです。
病院で今日の分の消炎剤も飲ませてくれるって言ってたしね。

「アンちゃん、病院行くよー。」

20-2013.11.18  (61).JPG

アンちゃんの場合、ママが庭仕事をする時にキャリーに入って一緒に庭に出たりしているので、
キャリーがそんなに嫌いではありません。

特に、このソフトバッグは病院に行く時しか使っていないのに、
それでもママと密着するせいか、キャリーを出すと興味深々でやって来ます。

20-2013.11.18  (63).JPG

あちこち匂いをチェックしている隙に、抱っこして中に入れたら、さすがに一瞬嫌がったけどね。

さ、病院にレッツゴー。

重いんだな、アンちゃん。
なんと言っても、5.9kgですから…。
と思っていたら、病院で計ったら6.2kgになってました。

獣医さんに触診を受け、抗生剤の注射をされ、消炎剤入りのラキサトーンを舐めさせられ、帰宅しました。
この日の病院は空いていたせいか、すべてがすんなりと行きましたよ。
それにしても、
病院でチッコをチビってしまったり、興奮状態になってしまって診察を断念したこともあったアンちゃんなのに、
病院でも怯えきったりするようなことはなくなり、大人になったな〜ってつくづく思います。
アンちゃんのビビリ度は、そんなに通っているわけではないのに、
病院の獣医さんにも、しっかり記憶に残っているようです。

病院から戻ったアンちゃんは絶好調で、
一階に降りたママに付いて来て、一階の窓辺で庭やちょうど来ていたちゃ〜り〜ちゃんを眺めたりと
暖かな冬の日差しを浴びて、いつものアンちゃんに戻ったようです。

しばらくして訪ねてきた信用金庫の外回りのお兄さん。
初めて会うのに、指にスリスリしたりで、ずっとお兄さんを眺めていました。
初めての人からは、必ず逃げるのになぁ。

その後のアンちゃんは、「これまでは何だったの?」と思うくらいいつものアンちゃんで
いやいや、前よりもますます甘ったれのくっ付き虫のアンちゃんになりました。

キャリーを出しっぱなしにしていたら、

20-2013.11.18  (66).JPG

はなちゃんもチェックに来ました。

20-2013.11.18  (71).JPG

いつものように、寝室にあるアンちゃんのケージの中からボヘーとお外を見るアンちゃん。

20-2013.11.18  (72).JPG

はなちゃんもやって来て、出窓から駐車場を見ていました。

今回の件で、何気ない毎日が本当に幸せなんだな〜とつくづく実感。
今度の金曜には、アンちゃんの再検査があります。

どうか影が動いていますように…。

皆さんにご心配をおかけしましたが、
とりあえず、アンちゃんもはなちゃんも元気です。
にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
| アンチョビレ | アンちゃん、病気 | 21:18 | comments(7) | - |
コメント
ミヤママ * 2013/11/20 10:36 PM ◆
心配ですね。
どうか、どうか、良い結果でありますように。。。
動物たちは何もしゃべってくれないので
人間が気をつけて見ててあげなくてはならないですね。
あそこが変とか痛いとか伝えて欲しいものです。
クニ * 2013/11/21 12:22 AM ◆
へそ天でゆうれい手のアンちゃんを見てると病気だなんて思えません
私が思うには体調が悪い猫さんは丸くなってジッとしてる気がします

私も昔、一度膀胱炎になったことが有りますが)、それはそれは痛いです
何度もトイレに行きした
膀胱炎の薬を飲まなければ腎臓が悪く成ると聞きました

数年前にクロ姉さんがピンク色の尿が出て何度もトイレに通うので
獣医さんに診てもらったのですが、やはり膀胱炎でして薬を飲んで
直ぐ止りました
先生曰く暖かくして水を沢山飲むようにとのことで気を付けていたら
それ以来全くかかりませんでした
詳しい検査はしていませんが、あれから5年は経ってると思います

どうかどうかアンちゃんが良い結果が出ますように〜
言え、絶対大丈夫だと思っています!
ゆかり * 2013/11/21 12:28 AM ◆
アンちゃんの寝姿を見ると・・・。
しんどくはなさそうですね。
しんどい時には、へそ天にはならないと思いますよ。

アンちゃんは、賢い猫さんだから
自分の体の事がわかってるんでしょうね。
だから、病院にも行けたんですよ。
次の検査では、絶対、大丈夫ですよ!

アンちゃん、がんばれぇ〜!
◆ romi * 2013/11/21 1:48 AM ◆
アンちゃんもかぁ(-。-;
実は日記にも書いたけど、チョビーも膀胱炎になっちゃったんだぁ{(-_-)}
今の時期多いらしいね。
チョビーの場合は、血尿が出ているので、
抗生剤、止血剤、消炎剤を毎日飲んでるよ。
お薬を飲ませるのは苦労だけど、やっとコツを掴んできたよ^_^;
初めの10日間のお薬では、phは下がったんだけど、出血はまだちょっと出てたので、更にお薬をあと16日分もらって、それでも出血が止まらないようなら、レントゲンをとるんだって。
あ〜もぅ、生きた心地がしないよぉ・・・
なんらかのストレスが原因らしいんだけどね。

お互いの無事を祈ろう!!
◆ 福桃 * 2013/11/21 11:27 AM ◆
どうか、どうか 今度の再検査、上手くいきますように。
でもでも、あんちゃん元気でいつも通りで、嬉しいな。

いつもどおりって「ありがたい」ね。つくづく思うよ。

◆ ささら * 2013/11/21 12:40 PM ◆
ちょっと休んでいる間にアンちゃん大変でしたねぇ。
ホントいつも通りがどれほど幸せなことかと実感しますよね。
アンちゃんしっかり治そうね!ファイト!
◆ アンチョビレ * 2013/11/24 10:27 PM ◆
♪ ミヤママさん
ご心配おかけしました〜。
アンちゃんの膀胱に写った影は、とりあえず腫瘍ではないだろうということになりました。
ミヤさんもティーちゃんも気をつけてね。

♪ クニさん
クニさんもクロ姉さんも経験者でしたか。
私は私自身が掛かったことがないので、アンちゃんの症状も痛みも全く分からないでいました。
今は水飲み場を増設しました。
大きな器にたっぷりお水を入れました。
アンちゃんもはなちゃんも、それは飲んでもいいものとようやく分かってくれたようで
その水飲み場の水を好んで飲んでくれています。
これまでお水が足りなかったのかなって反省しています。

♪ ゆかりさん
トイレ通いが始まると、何時間でも止まらなくなるんですよ。
疲れて眠さの方が勝つと、ようやくトイレ通いが終わるって感じでした。
残尿感でそうなるらしいのですが、アンちゃんがトイレの近くでチッコの態勢になった時は
よほど辛いんだろうと、居ても立ってもいられませんでした。
見ているしか出来ないって辛いですよね。
お蔭様で、すっかりその症状はなくなりました。

♪ romiさん
ええっ!!
チョビーもなの???
ブログ見て、チョビーのチッコの色を見てすっごくショックだったよぉ。
romiさんは、もっともっと心を痛めているよね…。
アンちゃんは、血尿は全くなかったの。
膀胱炎になった猫さんはみんな血尿が出て、膀胱炎でない猫さんは血尿が出ないんじゃないかとか、
今となれば思いもつかないようなことでウチは腫瘍を疑ってたよ。
チョビーも早く治るといいね。
祈ってるからね。

♪ 福桃っち
心配かけました〜。
アンちゃん、前にも増してくっ付きさんになってる。
猫さんがあんなにトイレに通うってびっくりしたよ。
チッコテロとかウンチテロって言うけれど、アンちゃんのあの姿を見たら、
あちこちにチッコをするのは、本当にテロなのかなぁって思ったよ。
私がいない時だったら、カーペットにチッコの匂いが付いていたら、
福桃っちの言うチッコテロかと思ったかも。
福桃っちもテロの原因をよく見てあげてね〜。

♪ ささらさん
お陰様で、いつもの日常が戻って来ましたよ。
やっぱりいつも通りが一番ですね。
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。