Archive  Entry  Comment  Category  Link  Profile  Others  Jugem  Search  Mobile ver.
    
2018.05.31 Thursday

シマちゃん、おすまし。


ご飯待ちシマちゃん。



シマちゃん、こっち向いて〜。



シマちゃんも、もうかなりお歳のはず。

可愛がってもらってたアパートのオッチャンに置いていかれ、

冬は我が家の縁台の下に作ったベッドで過ごしてたのに、

最近は我が家では寝なくなりました。



お隣アパートのお姉さんがシマちゃんをとても可愛がってくれているので、

我が家のアパートが出来たら、シマちゃんと一緒にお姉さんに入居してもらう予定です。


アパートは一般の入居ではペット不可だけど、

お姉さんに限り、シマちゃんとの入居は大家特権でオーケーということにしました。

        
2018.03.23 Friday

春の日は〜。

最近、庭のあちこち、プラスチックケースの猫小屋、寝床のマットやシーツ等々がやたら臭い!


勿論それはマーキングのチッコの匂い…💦


庭に猫小屋があると、春はこうなるから辛いのよねー。


今日のように天気のいい日は、外猫さんのベッド用品を洗いまくりです。


幸い、我が家には義母が使っていた洗濯機があるので、外猫用品の洗濯に困ることはありません。


そろそろ、その洗濯物を取り込もうと庭に出たら、シマちゃんが縁台でお昼寝をしていました。



シマちゃんの近くで咲き始めたのはカイドウです。


ムスカリもたくさん咲き始めました。



などと、写真を撮っていたら



ぷっちいが玄関のベンチの上に来てました。



シロちゃんまで窓辺のタワーにやって来て、実は上の写真には3匹の猫が写っています。



のほほんとお昼寝シマちゃん、癒されます。

        
2018.03.13 Tuesday

春の花が咲き始めたよ。

ミモザ





スイセン



ムスカリ



沈丁花



毎年同じ花だけど、同じ花が咲いてくれるからこそ、

季節が変わってくのがわかるのかも。


シマちゃんの左目がウルウルの涙目に。

数日前は食欲もあまりなく、ベッドにこもりがちでした。

病院で事情を話し、抗生剤を飲ませています。

今日で一週間ほど。

5回はシマちゃんの口に入ったのは確認済み。

今日あたりから、いつものシマちゃんの行動に戻ってきたようです。



まだ涙目だけどね。



        
2018.01.25 Thursday

雪の後は氷!



何十年ぶりかの冷え込み、アンチョビレ地方、今朝は−4度だったそうです。

昨夜は、シマちゃんのベッドにホカロンを二つ入れて寝ました。

分かりづらいけれど、シマちゃんのお水は凍ってます。



厚さは1cmもなかったけれど、朝ポイと庭に投げてガシャッと割れたその氷は、お昼を過ぎても割れたままの形で少しも融けていませんでした。

はなちゃんがいた頃に、庭の水道の先ちょがビミョーに凍ったことが一度だけあったけれど、今日は庭の水道は完全に凍り午後まで一滴も出ませんでした。
(家の水道は大丈夫でしたよ。)

明日もまだまだ寒いそう…。

日陰の雪は、彼氏らが踏みつけてくれたので、永久凍土のようになり、ガッチガチのツルッツル。

街中でも、完全除雪がされていないところは氷になっていて超危険!

今日もシマちゃんにはホカロンを二つ入れてあげました。

暑さも寒さもほどほどにしてほしいなぁ。
        
2017.01.08 Sunday

シマちゃんも元気です。

ブログ放置をする前、最後の記事になってしまったシマちゃん。
シマちゃんも元気にしていますよ。



12月15日にチャリちゃんが忽然と姿を消してしまってから数日で、
シマちゃんはこれまでチャリちゃんが陣取っていた玄関前に来るようになりました。
猫の世界は厳しいなぁ。

それにしてもチャリちゃんはどこへ行ったのか…?

チャリちゃんのことはまたの機会に書くとして、
チャリちゃん捜索の合間に、シマちゃんを追跡したら、
シマちゃんはやはりママが思っていたように
とあるアパートの方に帰っていきました。
そこの一室は以前から掃き出しの窓が常に10cmくらい開いていて、
それはどんなに暑い日でも寒い日でも開けられているので、
きっと心優しい住人さんが住んでいるのだと思います。

シマちゃんを追い掛けていたら、そのアパートの別の住人さんに声を掛けられ、
自分も動物好きだけど、そこの部屋の人は猫好きみたいで猫の面倒をみていると…。

アパートの隣の家に縁の下に入る穴があって、猫達はよくそこに入って行くとも教えてくれました。

猫好きのお兄さん、シマちゃんを部屋に入れてくれてる住人さん、
優しい人がいると知って、とても嬉しかったです。

でも、その縁の下がある家っていうのは、以前に里親になって猫を貰ってきたと散々自慢してたのに
「外に出たがってばかりいるから外に出した。
あの猫は外の方が幸せだから。」
と、とんでもないことを言って里親になった猫を捨てた人の家。

シマちゃんはその猫だというご近所さんもいます。
当の本人にシマちゃんを確認してもらったら、もう何年も前のことだからどんな柄だったか忘れたと、シャーシャーと抜かしやがりました。
自分んちの猫なら呼べば来る!と呼んだ声がまるで怒って呼ぶ声で、
「そんなんじゃ来るわけないでしょ。バカじゃないの?」
と、ママは心の中で嘲笑いましたよ。

「もう猫は貰ってこないでね。」
と皮肉を言ったら
「犬がいるんだから貰ってくるわけないでしょ。」

そうでした、このお宅には犬がいたんでしたわ。

最近出戻りの娘と孫の送り迎えの姿は見るけど
そう言えば犬の散歩の姿は見てなかったなぁ。

因みに、この方、猫の放棄は二度目。
一度目は、外に出したらはなちゃん実家にばかり行って
はなちゃん実家が返してくれなくなったと言ってました。
はなちゃん実家は、そこのお宅が居心地が悪くてウチばかりに来ると言ってたんだけどね。

ま、いい人もいればヘンテコな人もいるさ。

とりあえず、もしかしたらぷっちいに次いで我が家に来る古株の二番目のシマちゃんも
変わらずの調子で庭に来ています。
        
2015.10.03 Saturday

シマちゃんとじゃらしで遊ぶ。

シマちゃんはもちろん触れませんが、

03-2015.09.04   (4).JPG

猫じゃらしで遊びます。

03-2015.09.04   (5).JPG

でも、猫の姿を見かけたらすっ飛んで逃げるほど、猫さんには馴れていません。

03-2015.09.04   (6).JPG

ママは避妊手術をしていないのですが、左の耳がカットしてあると思いませんか?

我が家に来るようになった時から丸々としていたし、
シマちゃんは過去に人間と関わっていたと、ママは確信をもっているのですが、どうなんでしょう…。

どうにかして、耳カットの確認をしたいのですが、みなさんはどう見えますか?



さて、シマちゃんも例によって、なかなかじゃらしに食いついて来てくれないので
一人で遊んでもらいました。



これまでいろんな猫さんに関わってきたけど、
さすがのはなちゃんでも、最初はここまでじゃらしに喰い付いて来なかったなぁ。