Archive  Entry  Comment  Category  Link  Profile  Others  Jugem  Search  Mobile ver.
    
2018.07.31 Tuesday

はなちゃんの命日とシロちゃんの腎臓病

昨日、7月30日ははなちゃんの命日でした。


はなちゃんをまだ覚えてくださってるみなさん、

本当にありがとうございます。


そんな昨日の夕方、ご近所の中学生になったFちゃんとお隣アパートのお姉さんが、

交差点の標識の下で猫が死んでいると…。


また車にはねられた猫です😢


引き取り先の清掃局は17時きっかりを過ぎたら電話にすら出ないし、

はなちゃんを荼毘にふしたペット霊園がボランティアで無料で野良さんの遺体の引き取りをやってるのですが、

あいにくたて込んでいて引き取りには行けないとのこと。

やむなくとーさんの帰りを待って、ペット霊園に野良さんの遺体を引き渡しにいきました。


365日ある毎日の中でのこの日、はなちゃんが何かを引き合わせのかもしれません。


はなちゃんを診てもらった病院に、今日もシロちゃんは通院です。



二週間前くらいに、じじちゃんの友人がじじちゃんの畑で作った野菜を送ってきてくれました。


その時は、こうやって興味津々で甘えつきに来ていたシロちゃん。




15日の夕方、食べる量が減り、体重も減少傾向だったけど、

タワーの上はオイラのモノ〜のばかりに飛び乗るシロちゃん。



シロちゃんケッツ😄



翌日、病院での血液検査の結果。


体重が4キロを切りそうになったので、お口の痛みを改善するため、痛み止めを注射。

数日前に、お口の中の環境をよくするため抗生剤も打ったし。


これでいつもならたくさん食べるようになり体重も増えるはず…だった。 


ところが体重は増えず、なんでもいいから食べる物を食べさせてと言われているので、

最近シロちゃんはかつお節好きなのを知り、食塩無添加のかつお節もおやつにあげ、シロちゃんガブガブバクバク食いついました。


先週末からたくさん食べるようになり、

一見痩せてまた酸っぱい顔をしているようでも体重は増えているはず…と

今日、病院で計ったら、ついに4キロを切ってしまった…。


行動も、興味津々とかないし、タワーの上にも上がらないし、

先週末から新たな居場所にした茶箪笥の上で寝てるのみ。


おまけに、先週土曜日からやたら身体を舐めまわし、自分の左前手の指を噛んで引っ張って血が滲むし。


まだ茶箪笥に上がるからいいのか?⤵


診てくれた院長先生は、

指を噛んでるのは、他のとこを噛んだりしてないので人間が爪を噛むのと同じで何かストレスかと。

収まってきてるようなので様子見をと。


食べてるのに体重が増えない、気だるそうというのは腎臓病のせいで、この一年間、体重が減らずにいた方がスゴい話であって

腎臓病というのは、検査で数値が出るのはいくつかの老廃物だけであって、実際はもっと多くの老廃物がたまっているのだろうと。


一年間点滴に通ったということは、人間が五年間透析をしたのと同じくらいのことになると。


シロちゃんは一年前おうちに入って、腎臓病の対処をしなければ、今はこの空の下にはいなかっただろうと。


なんだかなー、凹むなぁ。


シロちゃんの腎臓病ってそんなに重症なのかなー。

数日前まで食べないながらも、甘ったれで空気読めない元気さんだったので、

なんだか今の状態は一過性のことのように思えるなあー。



三毛ちゃんはシロちゃん効果で、以前の何十倍も人慣れして、

自分から甘えてくるようになりました。


シロちゃんに元気がないと、三毛ちゃんもつまらなそうです。


腎臓病の猫さんといる人は、どうやっているのかなぁ。


凹むなぁ。

        
2018.07.26 Thursday

ベランダで。

二週間ぶりに熱帯夜から解放された朝



ベランダで草を食べるためにかごベッドを出してあげたら、

アンちゃんはそのまま寛ぎモードに。



涼しい風と薄曇りの空。

気温は30度は届いておらず、

あまりに久しぶりのことで、

夏の午前中ってこんなだったっけ?

と、戸惑っております。



        
2018.07.25 Wednesday

二匹一緒に。








何をするにも一緒の二匹になりました。


お外時代から仲良しではあったけどね。

        
2018.07.25 Wednesday

チビ猫がぁー!

今年もまた仔猫の鳴き声が聞こえる季節になりました。


去年は、シロちゃんを含め、はなちゃん実家の奥さんに泣きつかれて、5匹の手術をしたのに本当にいたちごっこです😭


仔猫の鳴き叫ぶ声を聞くくらいなら、避妊去勢手術をした方がよっぽど気が楽…と、

お外猫さんの手術をしても、毎年毎年切ないです。



数日前、どうも声が近いと思ったら、我が家のすぐ脇にいました。


そして。



三毛ちゃんシロちゃんのいる一階の縁台の上に。



部屋の中に猫を見つけたチビッ子は窓ガラスにベッタリ。


ぎゃー!

困るーーー!!!


2日前

水撒きの後、またもチビッ子の声が。



写真が小さくて判りづらいけど、

親猫と思われる尻尾フサフサの三毛猫通称フサ子さんと一緒にいました。


この親子、いつぞや我が家の前の道路で

道路にこぼされたカップラーメンの中身をチビッ子が舐め、それを親猫がお向かいのお宅のガレージの車の下で見ていたのを思い出しました。

あの時は、茶色のチビッ子もいたんだけど、それ以来チビッ子は見てなくて…。


その時、これ以上道路に出たら轢かれてしまうかもしれないので、

ママは親子をシッシッと意地悪に追い払って、道路も水を流して綺麗にしたんだけれど、

ママがその準備をしてる間、チビッ子二匹が道路の端でペロペロ舐めてるのに、

通り過ぎる車はスピードも落とさず通って行きます。


ホント、このところ我が家近辺は新しく住み移って来た人が多いせいか、住宅地の道路なのにスピードを緩めない車が増えました。


ナンバーもしっかり見ているので、ここに書きたいくらいだわ!


書きませんけどね…。


さてさて、話は戻し…。



この母親フサ子さん、ぷっちいが大好きみたいで、昨日辺りからぷっちいの近くを離れません。


ぷっちい、モテモテ。



最近、ぷっちいは水撒きをしても逃げません。



この前、久しぶりにじじちゃんがくれたマタタビをあげたら、ヘニョってました。



じじちゃんのマタタビにヘニョってくれるのはぷっちいだけに。


えらいね、ぷっちい。

        
2018.07.25 Wednesday

酷暑

毎日毎日暑い。



薄暗く見えるのは、

日除けのオーニングを下ろし &

雨戸を閉め &

障子戸を閉め &

目隠しのカーテンを閉め

少しでも熱と光を防御しているから。


「今日はいくらか涼しいですね〜。」が、今日の挨拶だったけど、

今日の最高気温も33度。

何せ39度っていう日もあったから、33度は涼しく感じてしまうのかも…。



七月の終わりに続く暑い日…。

はなちゃんを思い出します。